DIYの実践【テーブル】

2020/08/22 ブログ
完成全景

DIYでローテーブルを作ってみました。

奥のサイドテーブルと手前のセンターテーブルです。

DIYでつくると欲しいサイズや高さピッタリにできるのが良いです。

私たちがお勧めしている家のセルフビルド・ハーフビルドには欠かせない作業です。

作り付けの家具やちょっとしたスペースのカウンターテーブルや洗面台。キッチンだって思い通りに作れます。

自分で作った空間で生活するなんて、想像するだけでワクワクしませんか。

セルフビルドセミナー開催します。詳細は『セミナー情報』をご覧ください。

テーブルの作り方を以下に掲載します。

材料

材料は24㎜厚の無垢杉板。3980円

あらかじめ簡単な図面をつくり、ホームセンターでカットしてもらいました。

同じ幅で長いのが天板。短いのが脚になります。

材料はこれだけ、簡単でしょ。

ダボ孔

まずは天板の両端に3個ずつ組立用の孔を開けます。

最初直径8㎜のダボ用キリで途中まで孔をあけ、次に4㎜のキリで貫通孔をあけます。

これは組立ビスを隠すために重要な作業です。

組立

脚の小口にボンドを塗ってから、皿木ビスで組み立てます。

ダボ

直径8㎜のダボを金槌で孔に打ち込みます。

専用鋸

クラフト鋸(アサリなし)でダボを平らに切断します。

ダボの切断

ダボの切断は写真の方に、鋸をしならせて行うと平らに仕上がります。

これで組立は完成です。

塗料

仕上に塗料を塗ります。今回は水性ニスを使用しました。

塗装

塗料は刷毛で塗った後、ぼろ布で刷り込むようにならします。

むらなくきれいに仕上がります。

仕上がり

組立ビスもダボで隠れて良い感じでしょ。