DIY・セルフビルド豆知識【巾木】

2020/04/27 ブログ
巾木

【巾木】

壁の最下部、床との取り合い部に取り付ける部材(板材)です。

フローリングを張るときに、壁との隙間が無い様にキッチリ張り上げるのは至難の業です。

そこでこの部材が役に立ちます。

たとえば、10㎜の厚みの巾木を使えば、フローリングと壁との隙間が10㎜までは巾木で隠せます。

さすがにプロではないセルフビルダーでも隙間はそれ以下に収められるはず!

ですからセルフビルダー達には厚みのある天然木の巾木を使うことをお勧めします。

質感が良いですし、きれいに仕上げられますよ。

本来巾木は壁の最下部に掃除機のノズルなどが当たって傷をつけるのを保護する役割がありますが、見た目にも壁や床が引き締まって意匠的にも良いのです。

こんな部材の材質までこだわりながら作り上げる。。。これもセルフビルドの魅力です。

私たちは定期的に『セルフビルドセミナー』を開催しています。

現在は6月末に開催予定ですが、状況を見ながら開催できそうでしたら、『セミナー情報』に掲載します。

またセルフビルドをサポートするビルドサポートシステムについては『コンセプト』をご覧ください。