エシカル住宅

2019/03/06
躯体工事中

「エシカル」とは英語で「倫理的な」という意味で、法律の縛りはないけれども多くの人が正しいと思うこと。

または本来人間が持つ良心から発生した社会的規範を意味します。

そこから派生して、今では、人や社会、地球環境、地域に配慮した考え方や行動のことを指すようになったようです。

住宅に置き換えて考えると、住宅メーカーや工務店さんにお任せで建てた住宅は完成してからでは

  1. 構造的に問題なくつくられたか
  2. 断熱材は正しく隙間なく入れられたか
  3. 人体に害のある建材は使用されてないか

など裏側の確認はできませんよね。

セルフビルド住宅はまさにエシカル住宅と言えます。

  • どんな材料でどんな風につくられるのか建築途中の過程を把握できる。
  • 内装仕上げ材は無垢の木・漆喰など天然素材を自分で選べる
  • 完成した住宅の構造を熟知しているから、メンテナンスも自分でできてサスティナブルで環境に貢献できる。

セルフビルダー達はあまり意識してないかもしれませんが、結果的にエシカル住宅になるのです。

プロに任せる部分とセルフビルドする部分を分けて、半分自分でつくる。。。

そうすることで住宅が安心・安全でかけがえのない宝物になります。

そんなにハードルは高くありません。

ご興味があればご説明にあがりますので、お気軽にお問い合わせください。