「家は買うものではなくつくるもの」セルフビルド・ハーフビルドの家づくりをサポートします。

logo 046-205-1960 株式会社ビルドサポート圏央 ビルドサポートグループ 湘南ビルドサポート

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

046-205-1960

受付時間:9:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

建築可能エリア「東京、神奈川、埼玉、千葉」

ホーム > 社長ブログ

社長ブログ

漆喰で仕上げる内装

hayama01-00014

内装を漆喰で仕上げると、とにかく気持ちのいい空間になります。

完成後、あの新築独特の臭いがないのです。

漆喰の特性としては以下が挙げられます。

【調湿性能】

微細な多孔質の素材のため、吸湿・放湿性があります。湿度の高い夏は湿気を吸い込み、乾燥した冬には湿気を放出し、居心地の良い室内環境をつくります。

【耐火性能】

不燃性の素材で構成された防火材です。火にあぶられてもダイオキシンなどの有毒ガスもでません。

【抗菌性能】

強アルカリ性のため、有機物を分解する殺菌機能があります。カビやダニに強い。

【防汚性能】

静電気を発生させない素材の為、ほこりなどが付着しにくく、汚れにくいです。

【吸着性能】

シックハウスの原因といわれるホルムアルデヒドやVOC揮発性有機化合物を吸着し分解します。

 

これらの特性ですから、漆喰を住宅に使用しない手はありません。

自然素材ですから、シックハウス症候群の心配もないことは言うまでもありません。

無垢の木や漆喰を使った注文住宅を新築すると高価になると良く言われます。

そこでセルフビルド・ハーフビルド!こだわりの材料を使いリーズナブルな価格で完成できます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ビルドサポート圏央
http://build-support.co.jp/
住所:〒243-0432
神奈川県海老名市中央3-4-6-501
TEL:046-205-1960
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  • Category:

いい家の条件

%e6%bc%86%e5%96%b0

皆さんはいい家の条件は何だと思いますか?

建売住宅は安く早く均質に仕上げることに重点を置くため、内装の仕上げは石油化学製品を多用していることが多いです。

壁紙やフローリングなど部屋のほとんどが工業化された製品です。私はこんな家の中に入るとなんだか息苦しく感じてしまいます。

セルフビルド・ハーフビルドをするセルフビルダー達は、ほとんどが床材は無垢の木、壁は漆喰を塗ることを実践しています。

ですからセルフビルド・ハーフビルドした家の中は、深呼吸してくなるほど気持ちいいですし、裸足であるくと足裏の感覚が素晴らしいです。

いい家の条件は無垢の木と漆喰で建てることだと思います。

セルフビルドで施工費を安く抑えた分、素材にこだわる!

いい方法だと思いませんか。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ビルドサポート圏央
http://build-support.co.jp/
住所:〒243-0432
神奈川県海老名市中央3-4-6-501
TEL:046-205-1960
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  • Category:

空き家問題とDIYの家づくり

s-%e5%8f%a4%e6%b0%91%e5%ae%b6%e3%83%aa%e3%83%8e%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

最近は空き家問題がよく話題になっていますよね。

一口に空き家問題と言っても色々なケースがあるようで、地方の過疎化や高齢化にも関係が深く深刻化して行くようです。

所有者がわからないものもあり、その調査からなると大変です。。。倒壊寸前の物件となると処分するにもお金がかかります。

ですけど中には躯体はしっかりしているのに、住まい手がいないだけのものもあるので、そんな物件があったらDIY魂に火が付きます。

DIYならお金を掛けずに、アイデアを盛り込んだ自分好みの家に仕上げることができるし、何といっても愛着のあるカワイイ住みかとなるからです。

格安で自分の別荘を手に入れる手段としては、この方法が一番!

妄想が膨らんでしまいます。

DIYの家づくりにも色々な方法があります。まさに自由し放題!決まった形はないのです。だからセルフビルド・ハーフビルドは魅力的です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ビルドサポート圏央
http://build-support.co.jp/
住所:〒243-0432
神奈川県海老名市中央3-4-6-501
TEL:046-205-1960
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  • Category:

ツーバイフォー工法

ichinomiya-00003

ツーバイフォー工法、日本語では木造枠組工法といいますね。

日本の在来工法である木造軸組工法は柱や梁といった軸組(線材)で支えますが、フレーム状に組まれた壁や床(面材)で支えるのがツーバイフォー工法。

北米ではフレーミングと呼ばれていて、そのフレームに2インチ×4インチの断面の木材を多用することからツーバイフォー(2×4)工法と通称されるようになったようです。

構造の特徴としては高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・防音性をもつといわれてます。

また、基礎を含むスケルトンと言われる構造躯体と設備や仕上げ間仕切壁などのインフィルと呼ばれる2つの要素から成り立っています。

ですからツーバイフォー工法はセルフビルド・ハーフビルドに適している工法です。スケルトンはプロの手で行い、インフィルはセルフビルドで行うといった具合です。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ビルドサポート圏央
http://build-support.co.jp/
住所:〒243-0432
神奈川県海老名市中央3-4-6-501
TEL:046-205-1960
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  • Category:

コンテナーを利用したセルフビルド

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9

輸送用のコンテナーを利用して作るコンテナーハウスが注目を集めているようです。

コンテナー自体は価格はそれほど高くないし、構造的には鋼製でしっかりしているので、うまい方法だと思います。

積み木のように2段重ねにすれば2階建てになります。

この方法はやはりセルフビルドで行う人が多いようで、開口部をくりぬき断熱材を入れて内装を仕上げれば、無機質のコンテナーがお洒落な住宅に変身します。

セルフビルドを勧めている我が社としても研究に値する住宅作りですね。

ノウハウを習得すれば建築確認も通るようです。

セルフビルドを実践するセルフビルダー達は自由な発想で色々なアイデアで構築しますね。

私としては木造が好きですが興味ありです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ビルドサポート圏央
http://build-support.co.jp/
住所:〒243-0432
神奈川県海老名市中央3-4-6-501
TEL:046-205-1960
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  • Category:

ハーフビルドのことなら

%e5%a3%81%e5%a1%97%e3%82%8a%e4%bd%9c%e6%a5%ad

ハーフビルドは施工費用がローコストで済むことに加え、1から10まで職人の手を借りずに家を造るセルフビルドに比べ基礎工事・上棟・屋根工事・外壁工事は専門業者にて行うため、雨漏りや日常生活に支障を来すような構造的問題の心配なく、内装仕上げの部分だけ自分たちの好きなように構築・デザインできるのが魅力です。

ビルドサポート圏央は「理想的で安心の住まいを少しでも安く作りたい」というお客様のご要望を叶えるプロの建築業者です。

ハーフビルドは安心して当社にお任せ下さい!

家を作りながらアイデアがどんどん湧いてきます。アイデアを形にするお手伝いをさせていただきます。わくわくの連続ですよ!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ビルドサポート圏央
http://build-support.co.jp/
住所:〒243-0432
神奈川県海老名市中央3-4-6-501
TEL:046-205-1960
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  • Category:

家族みんなで力をあわせてDIYで家造りができる神奈川の株式会社ビルドサポート圏央の社長ブログです

株式会社ビルドサポート圏央の社長ブログでは、セルフビルドに向けた住まい造りの設計や建築サポートの様子など、日々の活動状況をお伝えしております。神奈川をはじめ千葉や埼玉でもセルフビルドのサポートができますので、ブログを見てご興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。
DIYでの家造りといっても、プロの指導のもと在来工法やツーバイフォー工法を用い本格的なマイホーム建築ができます。耐震性や遮音性にも優れた安心のマイホームを低コストかつ、ご家族の希望に沿った形で実現できます。
フルビルドにチャレンジしたい方へのサポートから、プロと役割分担したハーフビルド、気軽にご家族皆様で家造りに参加できるライトコースなどをご用意しておりますので、お気軽に神奈川の株式会社ビルドサポート圏央へご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

046-205-1960

受付時間:9:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

建築可能エリア「東京、神奈川、埼玉、千葉」

  • 社長ブログ
  • ハーフビルダーの声
  • 素敵な建築アルバム
  • こだわりの内装・建具

menu