「家は買うものではなくつくるもの」セルフビルド・ハーフビルドの家づくりをサポートします。

logo 046-205-1960 株式会社ビルドサポート圏央 ビルドサポートグループ 湘南ビルドサポート

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

046-205-1960

受付時間:9:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

建築可能エリア「東京、神奈川、埼玉、千葉」

ホーム > 社長ブログ

社長ブログ

2017年1月

意外と知らないDIY

%e6%97%a5%e6%9b%9c%e5%a4%a7%e5%b7%a5

今日はちょっとした雑学を少々……。

DIY=Do It Yourself

巷でよくきくDIYですが、DIYの起源を知ってますか!?

遡る事1940年代、第二次世界大戦でドイツ軍の攻撃を受けたロンドンで、大戦後に廃墟になった街を「自分たちの手で復興しよう」と言う国民運動がありました。
当時のスローガンが

「D.I.Y.」=「Do it yourself」

として記録されています。

やはり究極のDIYはセルフビルド・ハーフビルド

自分の作品の中で生活する達成感や愛着は何よりも勝ります!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ビルドサポート圏央
http://build-support.co.jp/
住所:〒243-0432
神奈川県海老名市中央3-4-6-501
TEL:046-205-1960
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  • Category:

セルフビルドで基礎は作れる?

%e5%9f%ba%e7%a4%8e

建物の基礎には独立基礎・布基礎・ベタ基礎の3つがあります。

小屋やポーチの柱、デッキ部分の基礎には簡易的な独立基礎が用いられ、これは素人でも比較的簡単にできるようです。

住居用の大きな建物には、鉄筋を組んで枠組みを作り、コンクリートを流し込んで固める布基礎やベタ基礎が多く用いられています。

家を支える土台である「基礎」も、もちろん自分で作れば費用を削ることができるのですが、歪みや傾きの無いように基礎を作るには、それなりの知識と技術が必要となります。

基礎がしっかりできていないと家全体に影響が出てしまうため、基礎部分だけはプロの業者に依頼するのが一般的です。

セルフビルドと言っても全部自分でやるとなると、ほとんど不可能です。

基礎・躯体・屋根・外壁などプロに任せて、内装を自分流にセルフビルドで行う。こんなやり方をハーフビルドと呼んでいます。

そうすればDIYの家づくりが可能となります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ビルドサポート圏央
http://build-support.co.jp/
住所:〒243-0432
神奈川県海老名市中央3-4-6-501
TEL:046-205-1960
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  • Category:

家族みんなで力をあわせてDIYで家造りができる神奈川の株式会社ビルドサポート圏央の社長ブログです

株式会社ビルドサポート圏央の社長ブログでは、セルフビルドに向けた住まい造りの設計や建築サポートの様子など、日々の活動状況をお伝えしております。神奈川をはじめ千葉や埼玉でもセルフビルドのサポートができますので、ブログを見てご興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。
DIYでの家造りといっても、プロの指導のもと在来工法やツーバイフォー工法を用い本格的なマイホーム建築ができます。耐震性や遮音性にも優れた安心のマイホームを低コストかつ、ご家族の希望に沿った形で実現できます。
フルビルドにチャレンジしたい方へのサポートから、プロと役割分担したハーフビルド、気軽にご家族皆様で家造りに参加できるライトコースなどをご用意しておりますので、お気軽に神奈川の株式会社ビルドサポート圏央へご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

046-205-1960

受付時間:9:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

建築可能エリア「東京、神奈川、埼玉、千葉」

  • 社長ブログ
  • ハーフビルダーの声
  • 素敵な建築アルバム
  • こだわりの内装・建具

menu